お知らせ・ブログnews・blog

2018年04月21日

婚約指輪のダイヤモンド 何カラットがいい?

こんにちは!結婚指輪・婚約指輪専門店Oreficeria高林の須合です。

ゴールデンウィーク始まりましたね!
ゴールデンウィークはいつも仕事なので遠出の旅行はしたことがありません。
毎年渋滞のニュースをテレビで見ますが、本当にこんなに渋滞するの?とちょっと半信半疑です。

Oreficeria高林は5月2日(水)、3日(木)のみお休みで他は通常通り営業します。
遠方のお客様もお出かけがてらぜひお越しください。

 

さて、今日は婚約指輪のダイヤモンドについてのお話です。

婚約指輪で選ばれる宝石といえばダイヤモンドが一般的です。
『婚約指輪』と聞いてダイヤモンドをイメージする方も多いですよね。
実際のデータでも98%の人がダイヤモンドを選んでいます。
(ゼクシィ結婚トレンド調査2017より)

婚約指輪に使用するダイヤモンドはルビーやサファイヤなど他の宝石と違って品質が細かくグレード付けされています。

Carat(カラット=重さ)
Color(カラー=色)
Clarity(クラリティ=透明度)
Cut(カット=輝き)

この4つの要素において評価されますが、頭文字に全てCがつくことから「ダイヤモンドの4C」と呼ばれています。
4Cを見ればそのダイヤモンドがどれぐらいの価値があるのか知る目安になります。

ダイヤモンドを選ぶとき、全ての要素において最高グレードの物を選ぶことができればそれが一番ですが、
そのようなダイヤモンドは価値が高く、金額も高価になります。
なので、大切なのはグレードの総合的なバランスです。
ダイヤモンドは自然が作り出した鉱物のため、アンバランスな評価のダイヤモンドももちろん存在します。
例えば、カラーは無色透明でもクラリティの評価が極端に低いなど。
婚約指輪にふさわしい最低限のグレードとバランスに注意して選びましょう。

ダイヤモンドの4Cについて詳しい説明はコチラ↓
婚約指輪のダイヤモンド 何カラットがいい?
 
  
ダイヤモンドの4Cの中から今日はCarat(カラット)についてお話。
婚約指輪を選ぶ時、「みんなどれぐらいのカラット数のダイヤモンドにしてるんだろう」って気になりますよね。
またまたゼクシィ結婚トレンド調査2017のデータですが、
「0.2ct~0.3ct未満」を選んだ方が38.5%で最も高く、次いで「0.3ct~0.4ct未満」の人が25.4%と続きます。
その他、0.2ct未満や0.4ct~1.0ct、1.0ct以上は全て一桁台です。

 

カラット数で聞いてもイマイチぴんとこない方に。
それぞれのカラット数を直径で表すと
0.2ct=約3.8mm、0.3ct=約4.3mm、0.4ct=約4.8mm、0.5ct=約5.1mm です。
カラット数はダイヤモンドの重さのためこの直径はあくまで目安となります。
これだけの大きさの違いがありますので、見た目の印象や特徴もカラット数によってそれぞれです。
その違いを紹介します。

 

〈0.2ct未満〉
人気の「0.2ct~0.3ct未満」に比べてやや小ぶりな印象です。
平均的な予算で、カラット以外のカラーやクラリティ、カットを全て最高ランクにするなど質にこだわりたい方はこれぐらいのカラットになります。

〈0.2ct~〉
一番人気のカラット数です。
大げさな感じがなく控えめな印象から日常的に使いたいという方がこのカラット数を選ばれます。
ご予算15万円ぐらいだとこのカラット数になります。
   
〈0.3ct~〉
0.2ctに続いて人気のカラット数です。
小さすぎず、大きすぎずな程よい大きさが人気の理由です。
また、平均的な予算でカラット以外のカラー、クラリティ、カットを婚約指輪にふさわしい質でバランス良く選ぶことができるのが0.3ctです。

〈0.4ct~〉
実は当店では0.4ct台が人気でよくご注文いただきます。
当店がおすすめしてるっていうのもあるかもしれませんが、「0.3ctではちょっと小さい気がするし、でも0.5ctは大きすぎる」という方におすすめなんです。
4という数字が日本では避けられがちなため0.4ctのダイヤモンドは市場に出回る数も比較的少なめです。
ご希望のグレードに巡り合えたらラッキーですね。
0.5ctになると金額もアップしますので、ある程度ボリュームがあって金額も手頃です。

〈0.5ct~〉
0.5ctはなんといっても存在感が魅力です。
若い頃はボリュームがあって着けづらいと思うかもしれませんが、婚約指輪を着けるのは今だけではありません。
年齢を重ねて、今よりも節が太くなってしわが増えた手にも自信をもって着けられるのが0.5ctです。
また、カラーやクラリティなどの品質は肉眼ではわかりづらいですが、カラット数の違いは誰が見てもわかります。

婚約指輪のダイヤモンド 何カラットがいい?
(左)0.28ct (右)0.53ct

0.2~0.3ctのダイヤモンドがついた婚約指輪をしている人が多い中、0.5ctのダイヤモンドは周りと差をつける事が出来ます。
ダイヤモンドだけでも十分存在感があるこのサイズは、シンプルなデザインがダイヤモンドの魅力を引き立てると思います。

 

どれぐらいのカラット数のダイヤモンドにしようか迷っている方へ参考になりましたか?

お店では実際にダイヤモンドのルース(裸石)を見ながら、ダイヤモンドの選び方や4Cについて丁寧に説明しますので、ぜひお気軽にお越しください。
ご来店お待ちしております!

 

今ならホームページからのご予約で3,000円の商品券がもらえるキャンペーン実施中!
詳しくはこちらから→『予約でお得』

 

他の記事を見る

お問い合わせ、お見積りはこちら お問い合わせ、お見積りはこちら