浜松市にあるOreficeria高林のオーダメイドの結婚指輪・婚約指輪作品集

作品集gallery

2018年05月18日

結婚指輪ー鍛造・色で差をつけるコーティングリング

結婚指輪ー鍛造・色で差をつけるコーティングリング

結婚指輪ー鍛造・色で差をつけるコーティングリング

 

プラチナの平打ちリングにアクセントとして男性はブラック、女性はピンクゴールドのラインを入たマリッジリングです。
男性用は幅広のリングにブラックのカラーでカッコいい仕上がりです。
女性用はピンクゴールドが優しいカラーとなっています。
ラインの部分は一段落とすことで表面が当たらず、コーティングがとれにくい工夫がされています。

通常、プラチナとゴールドのコンビはサイズ直しができないことが多いです。
サイズ直しをする時はリングを一度カットし、その部分に火を当てて溶接します。
プラチナの方が溶解温度が高く、高温の火を当てるとゴールドの方が早く溶けるためプラチナとゴールドをくっつけることができないため、サイズ直しが難しくなります。
こちらはコーティングなのでサイズが変わってしまった場合もサイズ直しが可能です。

お問い合わせ、お見積りはこちら お問い合わせ、お見積りはこちら