浜松市にあるOreficeria高林のオーダメイドの結婚指輪・婚約指輪作品集

作品集gallery

結婚指輪・鍛造 色で差をつけるコーティングリング

結婚指輪ー鍛造・色で差をつけるコーティングリング

結婚指輪ー鍛造・色で差をつけるコーティングリング

 

【リングイメージ】
プラチナの平打ちリングにアクセントとしてブラックとピンクゴールドのラインを入れました。幅広のリングにブラックのカラーはカッコよく、ピンクゴールドのカラーは優しい雰囲気です。ラインの部分は一段落とすことで表面が当たらず、コーティングがとれにくい工夫がされています。
通常、プラチナとゴールドのコンビはサイズ直しができないことが多いです。サイズ直しをする時はリングを一度カットし、その部分に火を当てて溶接します。プラチナの方が溶解温度が高く、高温の火を当てるとゴールドの方が早く溶けるためプラチナとゴールドをくっつけることができず、サイズ直しが難しくなります。こちらはコーティングなのでサイズが変わってしまった場合もサイズ直しが可能です。

石のを追加したり幅を変更するなど、様々なご要望に可能な限り対応致します。
「もう少しこうしたい」「これを追加したい」
そのお客様の気持ちを私共は大切にしています。お気軽にお申し付けください。

 

結婚指輪のお求めは
浜松市のOreficeria高林へ

大切な結婚指輪をおふたりと一緒に
カタチにいたします

tel  053-440-1651


 

お問い合わせ、お見積りはこちら Lineで気軽にお問い合わせ