お知らせ・ブログnews・blog

2022年07月15日

袋井市で結婚生活を送る対象のおふたりに補助金がでます!

袋井市で新婚生活を送るおふたり住居費引っ越し費用一部が補助されます。

 

対象となる世帯
令和4年1月1日~令和5年3月31日までの間に婚姻届を提出し受理された、年齢が夫婦ともに39歳以下の世帯。


対象の要件

1.夫婦の年間所得の合算が、400万円未満であること(給与所得者の場合、概ね年収540万円未満)

 ※貸与型奨学金の返済を行っている場合は、所得から年間返済額を控除

 ※婚姻を機に離職し、申請時において無職の者がいる場合は、その者は所得なしとして算出

2.婚姻日において、夫婦の年齢がともに39歳以下であること

3.対象となる住居が袋井市内にあり、申請時に夫婦の住所が当該住宅にあること

4.申請に係る住宅の名義(賃借の場合にあっては契約名義人)が夫若しくは妻又は夫婦共同名義であること(やむを得ない場合は除く)

5.補助金の交付を受けた日から1年以上、申請に係る住居に定住する意思があること

6.過去にこの制度に基づく補助を受けていないこと(他の地方自治体での補助を含む。)

7.他の公的制度による家賃補助又は、住宅補助を受けていないこと

8.市税の滞納がないこと

補助金額

夫婦ともに29歳以下  60万円(上限額)
夫婦ともに39歳以下  30万円(上限額)

 

対象の経費

令和4年1月1日から令和5年3月31日までの間に結婚に伴い要した住居費及び引越費用

1.住居費

 (1)住宅の取得費(購入費、建築費)

 (2)住宅のリフォーム費用

 (3)アパート、借家等の賃借費用

・契約に係る初期費用(敷金、礼金、仲介手数料)

・家賃(賃料、共益費)

2.引越費用

引越業者又は運送業者に支払った費用(不用品の処分や自らレンタカーを借りて引っ越した場合、友人に頼んだ場合等は対象になりません。)

※契約日及び支払日等により対象とならない場合があります。
※賃料及び共益費は、同居開始日以後の費用に限り、住宅手当分は除きます

 

申請期間

令和5年3月31日まで  予算に達した時点で受付終了←なるべく早く行動した方がよさそうです。

 

申請するにあたって、必要な書類がたくさんあったり、要件を満たしているかなど難しいことがあるので、事前に連絡することを強くお勧めします
※袋井市役所も事前に相談してくださいと言っています。

袋井市役所4階 企画政策課企画室
〒437-8666
静岡県袋井市新屋1-1-1
電話:0538-44-3105
ファクス:0538-43-2131
メール:kikaku@city.fukuroi.shizuoka.jp

https://www.city.fukuroi.shizuoka.jp/soshiki/4/2/kekkonnsiennjouhounituite/9342.html

 

結婚指輪のご相談は浜松市
オレフィチェリーア高林へ

大切な結婚指輪をおふたりと一緒に
カタチにします

tel  053-440-1651

 

 

 

 

他の記事を見る

マイナビ

お問い合わせ、お見積りはこちら Lineで気軽にお問い合わせ