製作方法のご紹介

鍛造と鋳造の違いについて

指輪の作り方には鍛造(たんぞう)と
鋳造(ちゅうぞう)とがあります。

鍛造

鍛造(たんぞう)

文字通り「金属を鍛えて造る」製法です。 高温の火で溶かして塊になった金属を叩いて、棒状になったものを曲げて指輪を作る方法です。 叩くことによって金属内の空気がつぶされ、密度が高くなり丈夫な指輪になります。金属そのものを成形するので、技術と経験が必要です。

鍛造

鋳造(ちゅうぞう)

ワックスや3DCADで原型を作製し指輪の型をとって、そこに金属を流し込んで指輪を作る方法です。同じデザインの指輪を何度も作ることができるので、現在流通している指輪のほとんどは鋳造(ちゅうぞう)で作られています。溶かした金属を流し込む際、内部にスといわれる気泡ができる可能性があります。その場合、当工房ではきちんとスを埋め、強度が弱くならないようにしています。デザインの自由度が高く、複雑なデザインも表現できるところがメリットです。

Oreficeria髙林ではマリッジリングのほとんどを鍛造で製作していますが、
製作する指輪によってどちらの製作方法が適しているかを考え、鍛造・鋳造どちらも行っています。

鍛造によるマリッジリングの製作工程

ひとつの金属の塊から、
ふたりの指輪ができるまで

  • 地金を溶かす 1. 地金を溶かす
  • 2. 地金の塊を叩いて棒状に伸ばす 2. 地金の塊を叩いて棒状に伸ばす
  • 3. 一本だった地金を2本に分ける 3. 一本だった地金を2本に分ける
  • 4. 芯金を使ってリングの形に丸める 4. 芯金を使ってリングの形に丸める
  • 5. ロウ付け(つなぎ目を溶接する) 5. ロウ付け(つなぎ目を溶接する)
  • 6. 形状の違うヤスリを使い分け成形し表面を滑らかにする 6. 形状の違うヤスリを使い分け成形し表面を滑らかにする
  • 7. ヘラ棒で磨いて輝きを出す 7. ヘラ棒で磨いて輝きを出す
  • 8. ダイヤモンドを留める 8. ダイヤモンドを留める
  • 9. リングの内側へ刻印を入れる 9. リングの内側へ刻印を入れる
  • 10. バフをかけて最終仕上げ 10. バフをかけて最終仕上げ

できあがり!
できあがり!

指輪のつくり方~鍛造製法~

製作工程を動画でご紹介!

お問い合わせ、お見積りはこちら お問い合わせ、お見積りはこちら