工房Oreficeria 髙林

静岡県浜松市 工房 Oreficeria高林(オレフィチェリーア タカバヤシ)|工房Oreficeria 高林

エンゲージリングマリッジリングリフォーム作品一覧


店舗・工房紹介


婚約指輪・結婚指輪オンラインショップ(通販)
  Yahoo! JAPANショッピングのポイントがたまります

 


工房ブログ

工房での出来事やお客様より実際にご依頼いただきましたオリジナルリングをご紹介。指輪選びの参考になる情報をお届けします。

 


ご相談窓口




facebookページ


インスタグラム
インスタグラム
やってます
「oreficeria」
https://www.instagram.
com/oreficeria/

トップページ»  指輪の作りかた~鍛造法~
鍛造製法とは 

指輪の作り方には鍛造(たんぞう)法鋳造(ちゅうぞう)法とがあります。

鍛造(たんぞう)法とは、文字通り「金属を鍛えて造る」製法です。

高温の火で溶かして塊になった金属を叩いて、棒状になったものを曲げて指輪を作る方法です。

叩くことによって金属内の空気がつぶされ、密度が高くなり丈夫な指輪になります。

金属そのものを成形するので、技術と経験が必要です。


 

鋳造(ちゅうぞう)法とは、 原型となる指輪の型をとり、そこに金属を流し込んで指輪を作る方法です。

同じデザインの指輪を何度も作ることができるので、現在流通している指輪のほとんどは鋳造(ちゅうぞう)で作られています。

溶かした金属を流し込む際、スといわれる気泡ができる場合があり、強度が弱くなりがちです。

デザインの自由度が高く、複雑なデザインも表現できるところがメリットです。


 

Oreficeria高林ではマリッジリングのほとんどを鍛造で製作していますが、

製作する指輪によってどちらの製作方法が適しているかを考え、鍛造・鋳造どちらも行っています。


 

指輪のつくり方~鍛造製法~  

マリッジリングの制作工程を動画で公開中


 



鍛造によるマリッジリング製作工程~ひとつの金属の塊からふたりの指輪ができあがるまで~

指輪製作 鍛造法指輪製作 鍛造法指輪製作
①地金を溶かす
②地金の塊を叩いて棒状に伸ばす
③一本だった地金を2本に分ける
鍛造法指輪製作 鍛造法指輪製作 鍛造法指輪製作
④芯金を使ってリングの形に丸める
⑤ロウ付け(つなぎ目を溶接する)
 ⑥形状の違うヤスリを使い分け成形し表面を滑らかにする
鍛造法指輪製作 鍛造法指輪製作 鍛造法指輪製作
⑦ヘラ棒で磨いて輝きを出す ⑧ダイヤモンドを留める
⑨リングの内側へ刻印を入れる
鍛造法指輪製作 鍛造法指輪製作  
⑦バフをかけて最終仕上げ ⑧できあがり!  
 
 
職人紹介 

職人

 
代表 髙林 修三

   職人暦:40年
   国家認定1級貴金属装身具技能士 貴装第一号
 

   貴金属制作一筋。鍛造法での指輪製作が得意です。
   今までジュリーの製作だけでなく、リフォームや修理の相談を通
   して、お客様が長年愛用されてきたジュエリーをたくさん見てき
   ました。その時お客様から伺った使う上で困っていることや普段
   の使用方法などのお話しは私の大きな財産になっています。
   それらの経験を元に作り手の目線からアドバイスいたします。