お知らせ・ブログnews・blog

2018年01月05日

婚約指輪の相場は?

明けましておめでとうございます。
浜松の結婚指輪・婚約指輪専門店Oreficeria高林の須合です。
今年も元気に5日(金)から営業します。
よろしくお願い致します。

 

 

クリスマスにプロポーズをして、素敵なお正月を迎えられた方が数多くいると思います。
そんなプロポーズに欠かせないものとなっている婚約指輪。
いざ購入しようとなった時に気になるのが相場ではないでしょうか?
そこで今日は婚約指輪の相場をテーマに、全国の平均購入金額やOreficeria高林の売れ筋ラインをご紹介します。

 

 

婚約指輪って給料の3ヶ月分?って思っていませんか?
それはひと昔前のCMの話であって、現在の相場ではありません。
ゼクシィ結婚トレンド調査2017でも平均35.5万円という結果が出ています。
あくまでも金額の平均であって相場と言えるのでしょうか?
実際に売れている価格帯は30万円未満が半数以上を占めています。

では、婚約指輪をもらう側の女性はいくらぐらいの物を期待しているの?
『いくらでもいいと思っている』が最も多い答えです。
女性にとって、金額よりも大好きなあなたに婚約指輪をプレゼントされてプロポーズをされるということが何よりもうれしいようです。

 

 

そもそも婚約指輪の金額はどのように決まるのでしょうか?
婚約指輪はメインのダイヤモンドとそれを留めるリング枠に分けられます。
これはオリジナルのデザインで作るフルオーダーでも、お好みのダイヤモンドとデザインを組み合わせるセミオーダーでも同じです。
リング枠は留めるダイヤモンドの大きさとデザインによって金額が決まります。

婚約指輪
↑こちらのリング枠で5万円~10万円。(ダイヤモンドの大きさによって枠の値段が異なります)

婚約指輪
↑こちらのリング枠で10万円~15万円。(ダイヤモンドの大きさによって枠の値段が異なります)


↑こちらはフルオーダー品になります。リング枠10万円前後で出来ます。

 

上記の写真のリング枠のように脇石があるかないか等々で金額が高くなったり、安くなったりします。
かなりゴージャスにしない限りリング枠だけで20万円を超えるようなことはOreficeria高林ではありません。

メインとなるダイヤモンドの金額は重さやグレードによって大きく異なります。
高価なものだとウン百万円するダイヤモンドですが、では何キャラットのダイヤモンドが多く選ばれているのでしょうか?

ゼクシィ結婚トレンド調査2017では0.2ct~0.3ctが最も多く、次いで0.3ct~0.4ctが多いという結果が出ていますが、
Oreficeria高林では全国平均よりも少し大きい0.3ct~0.4ctがよく売れています。
その理由は、品質を婚約指輪としておすすめできるぎりぎりのグレードにして、その分大きさを重視しているからです。

大きいダイヤモンドの方が将来的に永く愛用できるというのが私たちの考えです。
また、大きい原石は採れる量も少ないので希少価値があります。
逆に、一生に一度のものだから小さくても品質の良いものにしましょうとオススメするお店もあります。
それも間違いではありません。
大きさを重視するか、品質を重視するか将来も含めて考えられると良いと思います。

 

 

Oreficeria高林ではダイヤモンドの平均購入金額は18万円です。
リング枠と併せて25万円前後が一番よく売れていますが、
シンプルなデザインで14万円(税抜)~製作可能です。

それぞれのお店によって婚約指輪の相場は違ってきます。
相場を気にするよりも、このお店ではいくらから婚約指輪を作れるのか調べて、
ご予算に合わせてデザインにこだわったり、ダイヤモンドのグレードや大きさを上げるなど、
素敵な婚約指輪を選んでくださいね。

 

最後にもう一度
女性は金額よりも大好きなあなたに婚約指輪をプレゼントされてプロポーズをされる事を待っています。
結婚に向けて歩き出すおふたりをOreficeria高林は応援します。
ぜひご来店ください、お待ちしております(^^)/

他の記事を見る

お問い合わせ、お見積りはこちら お問い合わせ、お見積りはこちら