お知らせ・ブログnews・blog

2017年11月19日

どうしてみんなプラチナを選ぶの?

こんにちは(*^-^*) 結婚指輪・婚約指輪の専門店、Oreficeria高林の須合です。

みなさん、結婚指輪・婚約指輪を決める時、
デザインの他に
素材はどれにしようか悩んでいませんか?

プラチナ、ゴールドあたりが指輪の素材としてイメージしやすいと思いますが、
最近では様々な金属の結婚指輪・婚約指輪が売られています。

 

人気No.1!<プラチナ>

まずは定番の素材、プラチナです。
婚約指輪や結婚指輪といえばプラチナをイメージする方が多いと思います。
婚約指輪は88%、結婚指輪は男性は78%、女性は75%の人がプラチナを選んでいます。
(ゼクシィ結婚トレンド調査2017/静岡 より)

世界的に見てもこの傾向は日本だけで、海外では結婚指輪はゴールドが主流なんです。

 

プラチナが一番選ばれる理由その① 色

プラチナが放つ白く美しい輝きは純粋で
愛の象徴としてふさわしいとされています。

似た色でホワイトゴールドが挙げられますが、
ホワイトゴールドはもともと金色のゴールドに
パラジウムを混ぜて白い色を作り出しています。
それに比べてプラチナは初めから白い色で、
その白い輝きは永遠に変わりません。
年齢に関係なく着けられ、どんなファッションにも合わせやすく、
飽きのこない色が人気の理由です。

その白さは婚約指輪のダイヤモンドの透明な輝きを美しく引き立ててくれます。
ゴールドやピンクゴールドの枠にダイヤモンドをセッティングすると
ゴールドの色が透明なダイヤモンドに映り込んでしまいます。
婚約指輪に選ばれるダイヤモンドはほぼ無色の物が多いので
せっかくの無色透明が色のあるダイヤモンドに見えてしまうことがあります。

 

プラチナが一番選ばれる理由その② 変質・変色しにくい

シルバーは空気中の硫黄に反応して黒ずんできますが、

プラチナは金属の中でもとても安定した金属で、
汗や温泉にも強く、変質・変色しにくいのが特長です。
これから何十年、毎日身に着ける結婚指輪。
変色など気にせず着けられるのは大事なことですね。

 

プラチナが一番選ばれる理由その③ 高純度

75%の純度のK18ゴールドに比べて、
純度90%のPt900は高純度でアレルギーが出にくいと言われています。

当店ではPt900のハードプラチナを使用しています。
プラチナは柔らかい素材のため、他の金属を混ぜて硬さをだし強く
加工しやすくしています。
残りの10%はパラジウムとルテニウムを混ぜることによって
より強度の高いハードプラチナになります。

 

プラチナが一番選ばれる理由その④ 希少価値

プラチナは1トンの原鉱石からわずか3gしかとれない、とても希少性のある金属です。
限られた地域でのみ産出され、有史以来の採掘量は金の約1/30と言われています。
わかりやすい例えがあります。
今まで産出された金とプラチナをオリンピックの競技用プールに注いだとしたら
金はプール3杯分、それに対してプラチナは足首がつかる程度にしかなりません。
プラチナはそれぐらい希少価値が高いと言えます。



プラチナが一番選ばれる理由その⑤ 粘り強さ

プラチナは粘り強い性質を持っています。
ダイヤモンドを留める際、硬いピンクゴールドは爪が折れてしまうことがありますが、
プラチナは小さな爪でもダイヤモンドをしっかりと留めることができます。

これは職人からの視点ですが、
プラチナは扱いやすい・加工がしやすいといった点もあります。
そのため、将来、万が一指輪が破損した場合、
プラチナだったら修理がしやすくなるのです。

プラチナが人気の理由がわかりましたか?
婚約指輪・結婚指輪の素材選びの参考になれば幸いです。

次回はここ近年、人気が出て来たピンクゴールドについてお話します。
お楽しみに~♪

 

他の記事を見る

お問い合わせ、お見積りはこちら お問い合わせ、お見積りはこちら